困ったチャン’ズ 「違うじゃん!」

画像
漸く、長雨もあがり、今日は久々に傘なし出勤でした。

あ~、気持ちよく一日を過ごしてうちに帰りたいものですが、まだ帰れません。

は~。

たった今も、ため息出ちゃうような、ボスの発言・・・。

人事部長に

「社員に残業させるなよ。健康に差し支えるからな。人手が足りないんだったら考えなきゃならないんだから!」

だって・・・。





あのーーーーー





アタシ、残業、しょっちゅうですけど。

お昼休みもまともにないような日々ですけど!






ボス!日本語わかる?????



言ってる事とやっている事、違うじゃん!!!!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年10月19日 19:38
こんばんは^^
ボス…耳が遠くなってきたんですね。 老化現象ですね。
それか目がかすんできて見えてないか、ですね… ><
2005年10月19日 20:05
ごめんなさい。
読んでて思わず笑ってしまった。
ボスは、すごい。
ある意味すごくて、怖い。
2005年10月19日 20:31
あっちゃーーー!!
本当に困ったチャンだわー。
精神衛生上もよろしくないような・・・・
体に気をつけてくださいね。。。
2005年10月19日 20:39
乙女さんのよくご存知の偉い方の本音と建前ですね。
気遣いありがとうございますと言ってその日は帰りましょう。
有言実行させないといけません。
2005年10月19日 20:58
それは辛いですねぇ。ほんと、自分のことが見えていないというか、体力的な面よりも、精神的な面で、悪影響全開ですね。乙女さん、挫けないでね。応援してますから。
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2005年10月19日 22:37
★あやにゃん、コメントありがとうございます。
耳が遠いんでしょうか・・・。私のほうは気が遠くなりそうですよ。
目は確かに老眼みたいですけどね。


★如月メイさん、コメントありがとうございます。
本当に、すごくて怖いですよね。さらっとそんなこと、残業している人の側で言うなんて。あやにゃんが言うとおり、耳が遠くて目もかすんでいて私が見えないのか、私は社員の数に入ってないのかどっちだって感じになりますね。


★キラさん、コメントありがとうございます。
ガクっときますよ。思わず踏ん張りがきかなくなるって言うか、ばかばかしくなっちゃいますよね。
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2005年10月19日 22:41
★prideさん、コメントありがとうございます。
まさにその通り。本音と建前なんです。うちの会社、基本的に残業認めないんですよ。→ 残業代払いたくないから。 そういっても、残業せずにはすまない場合もありますから「帰れ、帰れ。残業するくらいなら臨時で人を雇っても良いんだから」みたいなことを言って優しいふりだけするんですよ。勿論、雇いませんけどね・・・。そう言う本音と建前なんですよ。

ボスが言った側で「ありがとうございます!じゃあ、私、帰ります。お先に失礼します。」て帰ってきちゃえばよかったですね。(笑)それには気がつかなかったなぁ。でも、そう言うにはかなりの勇気が必要かも。
2005年10月19日 22:44
変なボスで、乙女さんの苦労が絶えませんね。
でも、めげずに頑張って下さいね。
応援してます♪
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2005年10月19日 22:45
★ellepapaさん、コメントありがとうございます。
残業認めない→残業代は支払わない。これは会社としての方針ではないって言うポーズ、みえみえでした。しっかり計算ずくだと思います。
でも、私も一応血が通ってますから、こう言う発言、応えますね~。
そのはけ口をここで発散しているので、なんとかバランス保ててます。



皆さん、本当にありがとうございます。<(_ _)>
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2005年10月19日 22:46
★ポルコさん、コメントありがとうございます。
ハイ、めげちゃいましたけど、頑張ります。
応援ありがとうございます!!!
2005年10月19日 22:50
それでも残業しなければいけないのなら
『サービス残業』しろってことでしょうか???

明日から、昼もきっちり12時からご飯食べて
定時には「お疲れ様です!お先に・・・」
って帰っちゃいましょうよ(笑)

そうもいかないでしょうけれど・・・><。
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2005年10月19日 23:04
★ろこさん、コメントありがとうございます。
そうなんです・・・。ご名答・・・。
私、全て『サービス残業』です。計算すると、ちょっと悲しくなるけど・・・。
だから、本当「お先に失礼します!」って帰りたいですよ! でも、そうも行かないのが現実ですね。(T_T)
2005年10月20日 00:25
ゆめ乙女さん、ご苦労様です。
ボスも貴女を頼りにしているのでしょう。
あなたが帰ってしまったらきっとボスも帰りますよ。
仕事の区切りは付けたいものですがサービスはチョツト酷すぎますね。
あなたに尻をまくられ労働基準局に訴えられたら会社は負けですね。
人の仕事に対する熱心さと良さをタダと考えているのでしょうか??怒り!!
ブログでぼやけば怒りが発散できる内は毎日書き続けてください。
ケナママ
2005年10月20日 05:27
おはようございます☆

あはは~♪同じような人っているんだなぁって
思いました。以前、勤めていた会社の上司も
そういう事を言いながら帰りの時間に電話を
してきて長話したり、その人が帰ってしまったせいで
こちらが残業になったり・・同じくサービス残業(涙)
参りますよね・・・
乙女さんも、体壊さないように注意して下さいね♪
2005年10月20日 09:28
「ノー残業月間」なんてなると、帳尻あわせのため、サービス残業になっちゃうんですよね。
残業をさせないようにする最良の方法は仕事を減らしてくれることですよね。
ところで私は管理職ですので、残業はつきません。だから、定刻で帰ることをモットーにしています。仕事人間止めました。
2005年10月20日 15:19
ムカッ!
ちょっと考えて欲しいですよねぇ。全く考え無しなんだから・・・・。

サービス残業も仕方ないって思うことあるけど、人に仕事を押しつけて、自分は有休、定時退社があたりまえの人間もいるので、腹が立ちます!
おっと、私事でした。
乙女さん、負けるなぁ!!
ava
2005年10月20日 17:06
ほんと振り回されてるんですね(^-^;;;
おいしいお弁当食べて、がんばです♪
2005年10月20日 17:41
こんばんは~、やっと青空が復活しましたね。身も心も
滅入っていましたけど、やっと水を得たカッパです^^
うーん、乙女さんや他の人が、残業をやらざるをえないのを見越しての、ボスの作戦だと思うんだけど。
2005年10月20日 21:17
ちなみにうちの会社では「残業は上司の指示の元に行う」という原則があります。認めない=帰れ、ということになります。よって上司が「自分には関係ない」という態度はとれません。乙女さん、がんばってね!
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2005年10月20日 21:33
★maechanさん、コメントありがとうございます。
本当にそう思います。労基に駆け込んだらどうなるのかなぁ。と。でも、まだ駆け込んだ人いませんからねぇ。皆もよく我慢してると思います。不思議な現象です。組合がないから、団結できないってとこも弱気の原因なんでしょうね。


★ケナママさん、コメントありがとうございます。
うちの会社、世間一般の会社より年休が少ないんですよ。かと言って、有休を消化できるような状態でもなく。その上、残業つかない。イエ、つけさせないですから、単価にすると本当に安くなると思います。会社の皆、本当に我慢強い人ばかりと思いますよ。私には我慢、厳しい状況です。


★ウタさん、コメントありがとうございます。
ノー残業月間。じゃなくて、365日ノー残業なんですよ。うちは。本社社員全体、残業は基本的に付けられない事になってます。(T_T)
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2005年10月20日 21:39
★だらままさん、コメントありがとうございます。
んー、逆からみると、会社はよく考えてるんですよ。残業代払うと人件費嵩みますからね。でも、基本給+α ならば人件費の予測は簡単ですから。負けないというよりは何処まで我慢できるかと言うところかなぁ・・・。


★avaさん、コメントありがとうございます。
ハイ、振り回されっぱなしですね・・・。 お弁当くらいゆっくりいただきたいですけどね。


★ベンさん、コメントありがとうございます。
ハイ。まさにその通り。ボスの計算高いところがこんなところに発揮されてます。(怒)
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2005年10月20日 21:42
★ellepapaさん、コメントありがとうございます。
うちの基本姿勢も同じなんですが、残業をする場合、上司が事前申請を理由書とともにあげて(トップまで上がってきます)、それが認められて初めて残業代に反映されます。理由書が却下されたり、上司の管理能力の判断材料とされるため、誰もそんなもん出しません。以前は果敢にも出す上司が居たのですが、その人たちは、何時にまにか・・・ サヨナラー となっていました。(-_-;)

この記事へのトラックバック